スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月28日Tue [16:35] 心理分析  

揉み合い相場

新興銘柄のリバウンドも収束の兆し

ジャスダック指数が、昨日の前場寄り付きに各指数を一瞬下回り
一度は盛り返すものの

昨日9時代の後半からは、再び各指数の下を推移。

本日「魔の30分」で、日経225先物が先行して各指数が切り返してきている。

注目すべきは、ジャスダック指数と、そのほかの指数の乖離が広くなってきていること。
2-28指数比較

日々のポジションを、どちらかに傾けて取ることが難しい場合
低位銘柄での短期的な「仕手」の動きが目立ってくる。

2/22に投稿したとおり、揉み合い相場では、低位や重厚長大的な高配当銘柄が賑わう。短期的な値幅取りには、注意が必要!あくまでデイトレむき。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    検索したい言葉を下記へ入れるとマーカーされます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。