スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月09日Thu [17:14] 心理分析  

ポジション継続【IPO】の根拠

まず、全体の地合いの変化について簡単に触れておく。

日銀経済政策決定会議で、どうやら「量的緩和の解除」が「実現」へ向けて現実味を帯びているらしい。記事

3/3にも書いたが、機会を先延ばしして織り込みつつある「悪材料」が温存されるよりも「出尽くし」の方向で「市場マインド」へ影響した方が良い結果として現れる。今日の大幅高はそんなところだろう。

3/8日経平均225先物(期近)に注目すると引け後に急進している。
新興3市場中心に個別監視銘柄の多くが、引け際に挙げていたことから、政策決定会議を「折込み」に行っている予感があった。記事
nk225saki(3/7~8)

昨日、直近IPO銘柄でSTOP高をつけるものが幾つかあった。

ここでは前回、投稿した4239ポラテクノと8709KOBE証券について検討してみたい。

4239ポラテクノの5分足(一目均衡表)を見ると、雲の下限である先行スパン2で切り替えしていることがわかる。
4239(3/9)5分足.一目

ティックを見てみると、今日の終値ベースで上場以来の「含み損」が出ているものと「含み益」が出ているものを、比較すると
面白いものが見えてくる。
4239ティック

明日は金曜日、ギャップアップをして寄り付いている分「窓埋め」の可能性もあるが、安いところがあれば「積極的」に買いを入れても安心出来そうだ。

一方KOBE証券だが、下のようになっている。
8709ティック

5分足の一目均衡表では
8709(3/9)5分足.一目

VWAPと終値の乖離でも明暗があるように思う。

ポラテクノは、一日の値幅5万円と考えれば、「振り落とし」が行われていると考えても良さそうだ。

とは言え、KOBE証券も証券セクターの主力に人気と相場の回復があれば、損益分岐を超えて上昇する可能性も十分ある。こちら
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*ポジション継続【IPO】の根拠* のトラックバックURLはこちら
  • http://tobiuo.blog6.fc2.com/tb.php/109-a409c47b
Ltd.'')は、日本の証券会社である。元は大阪府大阪市北区 (大阪市)|北区曽根崎二丁目に本店を置き、東京都や神戸市に支店を置いていたが、1995年1月17日の阪神・淡路大震災の被災をき

2007/09/29 16:25:53[大阪企業]  

    検索したい言葉を下記へ入れるとマーカーされます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。