スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年03月26日Sat [23:59] 株式日記  

自動売買って…どんなん

きょうは、少し前の記事です。

3/18日のCNET Japanさんからです。

ロボットで株自動売買するコンテスト、優勝者は年利回り332%
(CNET Japan編集部)
2005/03/18 23:19 Trackback (10)
 ロボットで仮想の株を自動売買する「カブロボ・プログラミング・コンテスト」(カブロボ・コンテスト)の結果が、3月18日に発表された。同コンテストは、早稲田大学理工学部や日本IBM、野村総合研究所が共同で開催し、2405チームが参加するという大規模なプログラミングコンテストとなった。コンテストの頂点に立ったのは、1000万円の仮想資産1129万6000円とし、単純計算で年利回り332%を達成した倉林俊成氏だ。
優勝した倉林俊成氏
 カブロボ・コンテストは、参加者が作成したソフトウェアロボットか、コンテスト側が用意した簡易ロボットを利用して、日経225銘柄から選定された特定の40銘柄を対象に、株を自動的に売買するというもの。株の銘柄や株価などは実際の株式市場と同じものを使い、売買注文はコンテストの仮想証券会社に対して行う。プログラミングや株の知識がない未経験者でも参加できる ように、ブラウザを使ってコンピュータと対話しながらアルゴリズムを設定できる簡易ロボットも提供された。株の売買は、1月24日から2月25日の1カ月間に渡って行われた。
 優勝した倉林氏は、簡易ロボットを使ってコンテストに参加した。プログラミングの経験はないが、株式投資の経験は約1年だという。同氏は、賞金100万円を受け取ったが、
入賞者たちの記念撮影
「オリジナルロボットで参加し、売買を繰り返した上で利益をあげた人など、もっと評価されてしかるべき人がいる」と述べ、この賞金を「カブロボの実用化や、カブロボで実験的に株運用するための資金として使ってほしい」と提案、事務局の承諾を得たという。
 準優勝したのは、同じく簡易ロボットで資産を1110万2800円とした津田博昭氏、第3位は自作ロボットで資産を1105万5400円とした谷口智也氏だ。ほかにも、野村総合研究所特別賞として、ソフトウェア作家の岡嶋大介氏が、シーネットネットワークスジャパン特別賞として、少林卓球製作委員会というチーム名で参加した内田和隆氏と鳥海不二夫氏のペアなどが表彰台にあがった。



このブログを読んでくださっている読者の中には、この大会に参加&出場された方もいるかとおもいます。

ぜひとも、どのような感じだったかコメント頂けたら嬉しいです。

今回、優勝した方は本当にカッコいいですね。
次回開催が今年度後半にもあるようですので、ぜひ参加したいと思いました。

大会HPはこちらカブロボ・コンテスト

ペイオフを睨んだ分析ツールの開発が各証券会社でもしのぎを削っています。

そこで此れに関連して、テクニカル分析ツールを改めて検索してみました。
今回の大会で受賞された岡嶋大介さんのOMEGA CHARTをHITしたので早速DL。

この作者もHPをみて、輪をかけて素晴らしい方だなぁ。
世の中にすごい人が、沢山いるんだなぁ。と感心してしまいました。

まだ、DLしたてですが、とても使いよさそうです。

拡張性があるのも、魅力的です。とりあえず、使用条件にあったできることをひとつ。

自分のBLOGで紹介を早速させていただきました。

いろいろなツールがあるようですが、お勧めの道具があるという方は、こっそり教えてくれたら嬉しいな。(~o~)お友達になりましょう。

コメント待ってまーす。
※もしよろしければ、ランキングアップに協力してちょ。カブログ
■人気ブログLANKING

応援よろしく!! 
ランキングは左のローソク足で表されてるよ。
Click Here!
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    検索したい言葉を下記へ入れるとマーカーされます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。