スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年03月09日Thu [04:32] セクター分析  

IPO主役交代?!

LDショック後軟調な展開が続く新興3市場の中でも
直近IPOを牽引してきた3798ウルシステムズが、本日さえない展開となった。
3798-分足(一目)

高値警戒の水準に入り「迷い」がでたといったところか。

一方、4239ポラテクノが非常に強い「買い意欲」を残して大引けした。
注目したいのは、「初値」の水準を越えてきていること「シコリ」の心配が少ないことだ。

また、初値が「地合い」の影響もあってか割と安く寄り付き
PER的には同業他社と比べ「割安感」に乏しい指摘も見かけるが

IPO銘柄の上場して間もない時期に「PER」という「物差し」が適切であるかという話にもなる。

関連会社に5208有沢製作所と4272日本化薬があり、共にチャート的には面白い位置に来ていると感じている。

4239-複合比較


親会社の有沢製作所と共に、「リアプロ」の「不振」が気になるが定期的に端株が増えて「利食い」を終えた元ホルダーとしては好印象を持っているというのが事実だ。

本日、東芝・キャノンのSED発売延期の記事も出ている。ポラテクノは「大型液晶」は扱わず「小型液晶」に特化していることから、「棲み分け」が可能なものと考えられる。

明日から来週に掛けて、新規IPOの上場があるわけだが、ポラテクノとウルシステムズには先行する「有望銘柄」としての働きに期待したい。

テクノマセマティカルやゼンテックなどの銘柄とあわせてみるのも面白い。こちら
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:勝ち組が読む情報
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月09日Thu [03:05] スケジュール分析  

信用期日と量産化の目途

1/5や過去、FDKについて多くの投稿をしてきたが
本日出たニュースをきっかけに再び暴騰した。

異常な信用買残を長期間持ったままLDショックなどを機に信用倍率の改善を見ることもあったが、引き続き高水準だった。

四季報には、次世代電池は2006年春にも量産か。となっていた。

昨年秋に、急騰した時(9/8)の記事
と見比べると面白い。

まず、「開発中」ということで製品化の目処が立っていないということで、割と早く鎮静化した。下値には買い物が入り「玉集め」ではないかとささやかれていた。前述の通り異常な信用倍率を記録して・・

そして、(9/8)からちょうど、6ヶ月後の(3/8)に秋に量産化とのこと。
fdk週足


四季報の3月に量産か。というのに踊らされた格好だ。
ポイントは、秋まで再び6ヶ月あるということだろうか。

果たして、今回の上げは息の長いものになるのだろうか。
昨日も投稿したとおり、「通信インフラ」を取り巻く「部材メーカー」という対比で非常に期待が持てる分野であることは間違いない。

「製品化」し「商品」の「売り上げ」好調など利益があってこそ「価値」が生まれる。
fdk3/8

カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:勝ち組が読む情報
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月08日Wed [04:58] セクター分析  

相場の柱として【相応しいか】

ナンバーポータビリティーの本格化を前にして
情報通信セクターを揺るがすニュースが先週末出た。

話題のボーダフォンだが「上場廃止」となった
その原因は昨年7月末、親会社が持ち株比率を引き上げたのが原因とのこと。※記事(最終行)参照

また、『導入前までには料金面やサービス、そして端末を含めた対応策を導入する方針』とのことだった。

固定電話3位の地位を持つソフトバンクがボーダフォンを「LBO」する形で携帯通信業界においても3位の地位を持つということは、「上場廃止」した時点で予測しやすかった。

LDや楽天その他M&Aに対する手口とは一線を画す「話し合い」や「戦略」が双方で練られているのではないかという「根拠」の無い「期待」を持ってしまう「危うさ」を自分の中にも感じる。

3/2にも投稿したが、週明けBIGニュースを材料に
それまで日経と共に下落基調が予想されたソフトバンクの
「指標先行銘柄」として動きには固唾を呑んで見守られた。

複合指数化チャートを眺めてみた。

nk225-9984


3/6の日経225やKDDI・ドコモは↑指向だがソフトバンクはそれに対して↑指向といえるだろうか?

確かに+引けだが、日足で見ると当の本人は陰線引けである。225・KDDI・ドコモは陽線引け(各自確認ください)

ベンチャーの「雄」としてのソフトバンクか
「青年期」を過ぎ「オトナ」としての役割を果たす「立場」にたった「責任」が以前とはまるで違っているのだと思う。

分割を繰り返し黒字化の目処も立ち、225に採用され投信設定も多くなっている。売買高ランキングからも言うことはない。

落ち着いた「値動き」を期待する者と「値動き」の良さ(荒さ)を望む者の比率は、果たして どちらが勝っているのだろうか。。

チャート的には先日投稿した様に↓を示していたと考えている。

情報通信セクターの中でも通信インフラを「成熟産業」と見た場合
電気セクターの「製品化メーカー」と「部材メーカー」の図式が頭に浮かんだ。

部材メーカーは、製品化される製品そのものの値下げ競争の煽りを食うことが少ない。

では、情報通信セクターの場合はどうか「インフラ」に対して「ソフト」の分野が思い浮かぶ。

そこで、三つ巴の戦いを尻目に
半値以下の水準に落としていた新興やそのほかの周辺銘柄が大きく上げた。

余りにも大きな買収は
財務面で「不安」を感じさせる。というが寧ろ
先述した、「オトナ」としてのポジションで投資対象としていたものが安全面やテクニカル的に見て「高きところから低きところへ」移ったと見るのが正しいように思う。

明日以降「金融財政会議」で「量的緩和解除」の見通しが遅れるという話になると、折込みかけている
「悪材料」が先延ばしされ「財政金融政策」の「利上げ」という「バランスツール」が取り上げられるということになる。

これは、決定的な↓向き材料となるかもしれない。

1/11にも投稿したが、ドイツ銀行の動向に注目すべきだった。

大量保有報告書だが、SBが逆に大量保有していた関連企業として3/6日大幅高したインボイスがある。

関係があるとは是だけで言うことは出来ないがグループのドイツ証券は、数日前にインボイスをの目標株価を15000円に上げている。

大量保有報告書には今後も注意が必要と言えよう。

指数化チャートで見比べると面白いものが見えてこないだろうか。
まずは分足
9984-9448分足

そして日足
9984-9448日足

週足では
9984-9448(週足)

最後に月足
9984-9448(月足)

つまり、インフラと是を取り巻く周辺企業といった図式である。
あくまで、全体のメンタルは↓向きであるということを忘れず押し目を狙う形でよいと思う。
※インボイスは例え(推奨しているわけではありません)

今回の短期的な上昇は、実は、「ストラクティクス」で「コンバージェンス」の形で出ていた。
9984-ストラトティクス-コンバージェンス

騙しの多い「ストラクティクス」も短期的な目安として「使える」かどうかは別として正しかったといえる。

森を見ずして「テクニカル」で正しい「根拠」を見出しても
「成果」に結びつくとは限らない。

カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:投資と心理学
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月07日Tue [00:23] 心理分析  

切り込み線vsかぶせ線(週足)

週足で日経平均を眺める。
余り気にしている方も少ないと思うが
2/18~2/24までの一週間を挟んで前後に「切り込み線」と「かぶせ線」が現れている。
切り込み線vsかぶせ線(nk225週足)

出来高に目を移すと、ほんの僅かではあるが出来高を伴って「↑」「↓」の形を示しているようだ。

通常後から出たものを現在の「心理状態」を現していると考えるようだが・・

ここでは、「買い」か「売り」か気迷いが現れ「ぶれている」状態なのだと考えることが出来そうだ。
短期・中期・長期 全てのスパンで「投資家&投機家心理」を悩ましていることの表れ。
nk225.3-6日足

本日、日足で完全な「包み足」ではないが、それに近い形が現れた。

日足で「三尊天井」を作って下へ行くのか

トリプルボトムをつけて「上昇志向」を継続するのか三角持合を作っていることからも、方向感を占う上で、↑向き指向の方には力強い材料に見える。

しかし、注目したいのは下向きの移動平均線の下で止まってしまっていること。

一目均衡表の雲、行方を見ると上へ広がっている。

上値の抵抗として、少しぐらいの上げでは機能しそうな陣構えであるといえる。

また、何よりも「準包み足」の足を引っ張るのは、出来高である。前日の出来高よりも数を稼げていないのが、妙に気になる。

「遅行スパン」が「基準線」・「転換線」と三本重なって引けている事実も見逃せない。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月03日Fri [02:13] スパン分析  

下値の目途は・・・

本日、NY市場が大幅に上昇したにもかかわらず
東京市場は寄り天だった。

2/28から3/1に空けた窓を埋めにいくことで、下へ行く形を取るかと思いきや、手前で失速僅かに窓を埋めきらなかった。

5分足チャートを注意深く見ると、2/28の「魔の30分」で上昇時に空けた窓が存在していた。
nk225.3/2-5分足ローソク

今回、なぜこの窓を埋めなかったのか・・
分足の窓など気にする方がナンセンスなのかもしれないが。。

一目均衡表の遅行スパンを重ね合わせてみると、偶然かもしれないが面白いことに気がついた。

2/28の10:30頃につけた天井が抵抗ラインになっていたかのように見える。

そして直近の安値である3/1の10:15を中心にチャートを眺めると、2/27の9:40の天井が目に付く。

何の根拠もないが、「線対称」で「時間軸」の「規則性」があると仮定すると、赤点線で示したような「三尊」が現れるにはまだ、時間が掛かるのではないかと感じる。下値の目処をここから探るのも面白い。
nk225.3/25分足.一目

3/1と3/2のローソクを見ると陰線の包み足となっていて↓向きを表している。

当面の底値の目処を見るのに、わかり易いものにボリンジャーバンドがある。
LDショックのときも、2/20の二番底のときも-2σを割り込んで引けることは無かった。

直近の安値である2/20日が目安と考えてしまうと、-2σを下へ割り込むことになる。
nk225.3/2.ボリンジャー他

もし実現するようなことがあれば、これは相場の転機として大きな意味を持つことになるのでは・・と感じている。

↓向きを意味するものとして、もう一つ気になるのは、MACDが0ラインを下回りシグナルと共に下向きに転じてしまっていることだ。

また、「いざなぎ」を超えるほどの息の長い今回の「上昇相場」を先駆けてきた大手鉄鋼4社の動向が芳しくないのが非常に気になる。

明日は発表される+0.4と予想される「CPI」がその数値によって今後の日銀政策をどうマーケットが受け入れ
「量的緩和」への「抗体」がどの程度織り込まれ「機能」しているか注目される日となる。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月02日Thu [02:17] 心理分析  

成長性と時価総額主義

外国人の寄り付き動向
3日連続の買いこしから一転
1670の売り越

日経平均を分足の一目均衡表で表示してみる

厚い雲の下にローソク足が位置してきていた。
2-23.3-1分足


日足で見ると、前々から投稿で懸念していた「三尊天井」を形作る方向へ向かっているように見える。
nk225日足3.1

グーグルのCFOが成長に慎重な見通しを示したことをキッカケにNYは下落し、本日の東京市場にも波及したようだ。

つまりネット関連株の成長性そのものに、これまでと同じペースで成長を見込むコト自体に無理がきているのではないか。。

自他共に「危機意識」として真摯に語られているということ。

ネット広告の「効果」自体が「予想」を超える「成果」を出してきたという事実が関連株の急成長を生んだと考えてよいと思う。

既に「成果」が織り込まれ「広告」の手段として世間一般に「周知徹底」されたということ。


東京市場のリード役の一つはソフトバンクを初めとするネット関連株であり。チャートを見直してみると「三尊天井」が既に。。。と見ようによっては見えてくる・・・
出来高を増しながら下げていくようだと、切り替えしたときの重石になる。
sb3-1


時価総額主義がもたらす経営者の選択にまたひとつ大きなニュースが舞い込んだ。

楽天の大規模な「公募増資」である。
ネット関連株の一角をなす三木谷夫妻の選択は、このタイミングで市場に与える「インパクト」は非常に大きなものになるのではないかと心配している。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年02月28日Tue [16:35] 心理分析  

揉み合い相場

新興銘柄のリバウンドも収束の兆し

ジャスダック指数が、昨日の前場寄り付きに各指数を一瞬下回り
一度は盛り返すものの

昨日9時代の後半からは、再び各指数の下を推移。

本日「魔の30分」で、日経225先物が先行して各指数が切り返してきている。

注目すべきは、ジャスダック指数と、そのほかの指数の乖離が広くなってきていること。
2-28指数比較

日々のポジションを、どちらかに傾けて取ることが難しい場合
低位銘柄での短期的な「仕手」の動きが目立ってくる。

2/22に投稿したとおり、揉み合い相場では、低位や重厚長大的な高配当銘柄が賑わう。短期的な値幅取りには、注意が必要!あくまでデイトレむき。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年02月27日Mon [16:08] スパン分析  

注意!スピード落とせ

ドル安が進み円高進行中。
HCは新システム8本値滞りなく動いている。

2/23日に投稿した中で、75日線と25日線の間でじっくり時間を掛けて上昇していくのが望ましいと書いた。

本日25日線の上にローソクは一旦顔を出し押し返されていたものの、25日線の上で引けている。

注目していいのは、「出来高」だ。

2営業日前までは、出来高を減らしながら陽線が立っていた。

本日は25日出来高移動平均線でも上抜き
出来高を増やしての陽線引けである。
nk225.2-27

方向感に乏しい、と感じていられる方も多いかと思うが
チャートでは、上記の通り↑指向が強い形が出てきている。

週足では、もう少し長いスパンで上昇ムードが崩れかけていた。

これを考えると
もう少し、方向感に悩まされる「停滞期間」があった方が「三尊天井」形成に向かう確立が低下してくれるのではないか思えてくる。

もっとも、「価格帯別出来高」でのシコリが若干見られることから戻り売りの圧力+利食い売りなどの動向が「相場の鍵」を握ることになるだろう。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年02月27日Mon [01:31] スパン分析  

週足では「コツン・・?!」

週足では、↑要素が目立つ

直近の安値である。1/20を割らずに13週移動平均線の上に辛うじて乗せてきた。

ボリンジャーバンドでも、+σを同様辛うじて乗せてきている。

一目均衡表でも、同じであるのに加え「遅行スパン」が「ダブルボトム」を形成している。

「安値圏」での「ダブル」では無いことを考えると「サイン」としてやや弱いか【TEST】

逆説的に直近の高値を見た場合
天井圏に転換を示す。顕著な上髭らしいものが見当たらないことも↑要素として挙げられかもしれない。

補助線を入れると若干上向きのフラッグとなった。
nk225.2-24w

来週注目したいのが、「価格帯別出来高」

「上エリア」「下エリア」に、それぞれ「シコリ玉」がどのように形成されてくるか「監視」したい。

「出来高」を見ると、前回投稿した「日足」と異なり出来高を伴って陰線落ちし、先週は出来高と共に陽線引けしている。

ただし、「月足」では以前投稿したとおり、「天井圏」と見ることもできるので注意が必要。

「日米同時利上げ」や「量的緩和」などは「↓要素」だが、十分に日柄を掛けて「織り込み」浸透させていく策は巧くいけば「↑要素」への転化も見込まれると考えられる。

チャートには、載せていないが、RSI2で「52.24%」となっている。
ちなみに、RSI1では「61.14%」既に折り返しが始まっている。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年02月27日Mon [00:12] スパン分析  

スタンスポジションは「懐疑」【日足】

日足で見ると、2/23の最後に書き込んだ【TEST】条件を見事クリアしてきている。

チャート面で軟調な展開に傾いていたモノが、転化する条件として【TEST】としていた。

↑要素としては
短めではあるが、下髭をつけて前日の高値を僅かに上回っている。

RSI2が55.17%と50%以下から上昇してきている。

MACDが0ラインに近い所でシグナルを上に抜こうとしている。
nk225.2.24

↓要素としては、出来高が2日連続陽線にも関わらず、減少傾向にある。

このことから、腰を入れての上昇ということではないことが見受けられる。
あくまで、テクニカル的には「試し買い」が多いといったところか。

将に「強気相場」は「悲観」の中に「生まれ」懐疑の中で「育つ」といったところだろうか。

先週乱高下した「日内上下幅」については、先週末程度の「小動き」が↑指向にとっては大切な+要件となる。引き続き【TEST】とする。

HCの複数気配値8本「初日」ということで、既に動悸づいている銘柄も散見される。
カブログ
■人気ブログRANKING
応援よろしく!! 
ランキングは上のローソク足で表されてるよ。
最後まで読んでくれてアリガトウ(^^♪

ジャンル:株式・投資・マネー |テーマ:日経平均
 ◆テクニカル分析☆彡交流 掲示板◆ Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    検索したい言葉を下記へ入れるとマーカーされます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。